So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017年夏山下見3 [山行]

2017年夏山下見八島湿原、美ヶ原
IMG_3299.JPG
ヒュッテからしばらくは舗装
IMG_3300.JPG
舗装が終わっても暫くは平坦な道が続きます
IMG_3302.JPG

IMG_3313.JPG
湿原に沿って木道を歩きます
IMG_3314.JPG
鹿避けの柵
IMG_3315.JPG
木道はやがて2本になります
IMG_3318.JPG
幅は車椅子ギリギリくらい
IMG_3317.JPG
湿原から車山方面
IMG_3328.JPG
向こうの霞んだ山は鷲ヶ峰
IMG_3333.JPG
ここからは美ヶ原
IMG_3200.JPG
暫くは車椅子のまま行ける平な広い道
IMG_3206.JPG
牧場の脇を進みます
IMG_3210.JPG
目指す王ケ頭と美しの塔
IMG_3212.JPG
美しの塔
IMG_3216.JPG
塩くれ場(分岐)
IMG_3221.JPG
アルプス展望コースを歩きます
IMG_3223.JPG
展望が良い
IMG_3247.JPG
アップダウンは少ないが
IMG_3236.JPG
道は登山道です
IMG_3246.JPG
王ケ頭を目指します

IMG_3256.JPG
最後は少し登ります
IMG_3262.JPG
王ケ頭には三角点があります
IMG_3279.JPG
頂上にはホテルがあります
IMG_3283.JPG
ホテルからは車椅子も使えそうです
IMG_3285.JPG
スタートの駐車場に戻ります

nice!(0)  コメント(0) 

2017年夏山下見2 [山行]

夏山下見報告2
宿泊ヒュッテジャベル
ジャベル.jpg
ヒュッテジャベル外見
階段.jpg
部屋は2階。10段ちょっとの階段を登ります。右が食堂。
流し.jpg
洗面所と風呂は地下
風呂.jpg
お風呂
地下.jpg
地下への階段
IMG_3298.JPG
注意事項

nice!(0)  コメント(0) 

2017年夏山下見 [山行]

2017年夏山(霧ケ峰・美ヶ原)下見(8/6~7)報告
1日目車山高原〜車山山頂〜車山肩〜ヒュッテジャベル
リフト案内.jpg
車山高原からリフトを乗り継ぎます。
リフト.jpg
下のリフト
271.JPG
2つ目のリフト上部
リフト上駅.jpg
リフト頂上駅から車山頂上へは石段を登ります
山頂神社.jpg
登りきると車山神社があり御柱が、4本立ってます
山頂.jpg
頂は台地状で広い
南ア.jpg
南アの甲斐駒や北岳が見えました
山頂2.jpg
翌日に行く予定の八島湿原見えます
下り1.jpg
車山から肩へは広い緩やかな道を下ります
下り2.jpg
道幅も広いです。ところどころ車椅子も使えそうです
下り3.jpg
やがて車山の肩が見えてきます
肩.jpg
車山の肩
肩下り.jpg
今夜の宿へは車山の肩からもう少し下ります
肩下り2.jpg
樹林帯に入るともうすぐ
肩下り3.jpg
登山道の最後は階段
看板.jpg
降り切るとジャベルの看板が現れ、すぐそこが宿です

nice!(0)  コメント(0) 

2016年12月都区内の山 [山行]

12月23日(祝) 行先:東京都区内3山(箱根山、品川富士、愛宕山) 参加者人数13名(要サポート3名)
153.JPG
天候(晴れ)10:00 高田馬場駅《徒歩)~ 10:55箱根山(44.6m)~ 高田馬場駅12:25~12:50大崎駅(昼食)~14:45品川富士~新馬場駅~大門駅~増上寺~17:00愛宕山~新橋駅前(忘年会)
137.JPG
高田馬場駅より戸山公園を目指す
158.JPG
一山目は新宿区の箱根山
143.JPG
頂上へは少し階段を登る
144.JPG
標高点(23区最高点)
163.JPG
公園の管理事務所で登頂証明書をもらう
164.JPG
高田馬場駅から電車で大崎へ移動
168.JPG
大崎駅でイタリアンランチ
169.JPG
品川富士のある品川神社に到着
170.JPG
富士山頂を目指す
173.JPG
ハ合目到着
175.JPG
富士山と同じくハ合目からは本格登山道
171.JPG
頂上からの眺め
177.JPG
大門駅から年の瀬の街を増上寺を目指す
180.JPG
増上寺から見た夕暮れの東京タワー
181.JPG
増上寺から愛宕神社に到着した頃は薄暗くなっていた
189.JPG
出世の階段(近くにエレベーターあり、車椅子はそちらを利用)
186.JPG
三角点(23区自然の山としての最高峰)
190.JPG
最後3山目の愛宕山で記念撮影
193.JPG
クリスマスイルミネーションのSL(新橋駅前で忘年会)で今年の行事も終了

2016年11月日の出山 [山行]

11月20日(日) 行先:日の出山(298.9m) 参加者人数18名(要サポート3名)
243300963_org.jpg
天候(晴れ)8:19 新宿~ 9:40御嶽駅10:20(バス)~ 10:35滝本駅11:05(ケーブルカー)~11:10御岳山駅11:25出発( 登山開始)~11:45日の出山分岐~12:10(車椅子デポ)~13:00日の出山山頂(昼食)14:00(下山開始)~14:50 日の出山分岐~15:40御岳山駅15:55(ケーブルカー)~16:25滝本駅(バス)~16:40御嶽駅解散16:52(乗車)
243300374_org.jpg
天気も良いので人も多いですが、バス、ケーブルの増便で以外に時間待ちは少なかった
243300395_org.jpg
車椅子は乗務員がスロープを出して対応してくれます
243300417_org.jpg
バス停からはかなり急な坂を登ります
243300458_org.jpg
ケーブルカーも乗務員が対応してくれました
243300473_org.jpg
ケーブルの軌道周辺も紅葉したました
243300510_org.jpg
御岳駅(上)前で班分けをして出発
243300536_org.jpg
しばらくは車椅子も押し易い御岳神社への参道を行きます
243300604_org.jpg
ここも紅葉してますが、木によってはピークは少し過ぎたようです
243300644_org.jpg
日の出山と御岳の分岐を過ぎると未舗装路になりましたが、しばらくは車椅子のまま進みます
243300656_org.jpg
こういう道は【JINRIKI】が活躍しました
243300690_org.jpg
木の根も出てきて車椅子での移動は難しくなったので登山道脇に車椅子をデポ
243300700_org.jpg
この先は登山道をあるきます
243300728_org.jpg
日の出山の登山道も御岳神社への参道のようです(御岳神社の鳥居で休憩)
243300740_org.jpg
途中、日の出山頂上へは急な階段が続きます
243300764_org.jpg
登山道の途中で黄葉の低木郡が綺麗です
243300844_org.jpg
頂上に到着。ここで昼食
243300905_org.jpg
頂上の三角点
243300884_org.jpg
遠く筑波山(中央上)も見えました
243301008_org.jpg
昼食をすまして下山開始(往路を戻ります)
243301099_org.jpg
御岳の参道と合流したところのお店でこんにゃくのおでんを賞味
243301167_org.jpg
小学校跡のビジターセンター脇のもみじが綺麗でした
243301241_org.jpg
下りも満員のケーブルカーを使って下山
243301333_org.jpg
御嶽山の宿坊の灯り(駅のホームから)
11月の山行も無事終了です

2016年10月仙元山 [山行]

10月16日(日) 行先:仙元山(298.9m) 参加者人数11名(要サポート1名)
242191863_org.jpg
天候(晴れのち曇り)8:45池袋駅~9:54小川町駅着10:15発→10:50登山口→11:15仙元山見晴台→11:30あずまや着(昼食)12:10発→12:30仙元山山頂→12:50青山城址→13:15大日山→13:35物見山→14:40玉川温泉(入浴)15:55発→16:22十王堂前停留場(バス)~16:45武蔵嵐山着~池袋駅解散
242191538_org.jpg
小川駅にて全員集合
242191545_org.jpg
昔ながらの街並みを歩きます(老舗の料亭)
242191564_org.jpg
目指す仙元山が見えてきました
242191607_org.jpg
住宅地を抜けて登山口に到着
242191621_org.jpg
ちょっとした山道を歩きます
242191637_org.jpg
少し歩くと見晴台に到着
242191645_org.jpg
見晴し台に上ると遠く赤城山方面まで見えます
242191709_org.jpg
242191713_org.jpg
公園の近くには「10月桜」が咲いていました
242191735_org.jpg
見晴台からは少し車道を歩いて
242191780_org.jpg
東屋で昼食
242191810_org.jpg
昼食後、仙元山に向かいます
242191859_org.jpg
ほどなく仙元山頂上に到着
242191868_org.jpg
仙元山からは軽いアップダウンを繰り返しながら玉川温泉を目指します
242191905_org.jpg
稜線上のピークのひとつ大日山
242191923_org.jpg
物見山。ここからは下り
242191961_org.jpg
少し急な下りもあります
242191967_org.jpg
玉川温泉の看板がでてきて
242191970_org.jpg
ゴルフ場の横を通ると
242191982_org.jpg
レトロが売り物の玉川温泉に到着
242192089_org.jpg
温泉から少し歩いてバスに乗り武蔵嵐山の駅へ
242192093_org.jpg
武蔵嵐山駅に到着
242192100_org.jpg
すっかり日が短くなりました

2016年08月月山 [山行]

8月27日(土)~8月29日(月) 行先:(1984m)参加人数 21名(要サポート3名)
hyousi.jpg
8/27 天候(東京:雨、現地:曇り時々晴) 
9:15東京駅集合 9:48東京発(新幹線)→11:44仙台着、12:15発(高速バス)→14:10 西川BS着、14:20発→(町営バス、車)姥沢15:10 ロッジやつなみ(泊)
108.jpg
東北新幹線を利用してまずは仙台へ
109.jpg
途中は雨でしたが、仙台に着くとやんでました
110.jpg
仙台からは高速バスで移動
114.jpg
高速バスから車と町営バスに分散して今夜の宿へ到着
117.jpg
夕食が待ちきれずにテラスで飲み会
124.jpg
1日目から宴会もよう
240371387_org.jpg
ロッジの夕食

8/28 天候(曇り時々晴) 
8:15ロッジ出発→8:40リフト乗車開始→リフト上駅出発9:25→9:35姥ケ岳分岐→10:20姥沢分岐→11:15牛首→13:00鍛冶小屋→13:20発頂上小屋(泊)13:45月山神社参拝、16:10月山頂上(三角点)
127.jpg
宿の車でリフトまでは送ってもらい。残りの人達は徒歩で向かいます
131.jpg
リフトで登山準備
240371429_org.jpg
リフトのそばまで車椅子を付けます
136.jpg
リフトを止めてもらってリフト乗車
138.jpg
リフト乗車は13分と長いです
046.jpg
リフト上駅で出発前の記念撮影
240371456_org.jpg
スタートは木道の登り
160.jpg
暫らくは山腹のトラバース
059.jpg
時折、沢を横断して進みます
175.JPG
距離的には半分ですが、これからが急になってきます
068.jpg
ところどころのベンチがありそこで休憩
071.jpg
牛首到着(姥ケ岳からの稜線の道と合流)
172.jpg
少し青空が出てきました(月山方面)
181.jpg
牛首から登り傾斜も急になってきます
183.jpg
稜線に出ると青空と日本海が臨めました
192.jpg
ここから先の登り(コースタイム1時間)が急です
240373154_org.jpg
山頂(下面中央稜線の向こう)が見えてきました
195.jpg
急登の上部の鍛冶小屋跡のお地蔵さん(急登ももう少し)
197.jpg
急登を登り切ると台地上の平地になっています
239360048_org.jpg
そこには芭蕉の句碑があります(写真は下見時のもの)
202.jpg
小屋に到着
206.JPG
少し休んでからみんなで月山神社に向かいます
208.JPG
ここでお払いをしてもらってから入ります(ここからは撮影禁止)
216.jpg
お参りを終えてみんなで撮影
219.jpg
三角点は、神社の裏にありました
129.jpg
小屋の裏には地塘があります
132.jpg
おこじょもいた・・・みたい
094.jpg
夕食までは車座になって一杯
226.jpg
小屋はほぼ貸切状態でした
227.jpg
食事は、山菜を中心にした精進料理

8/29 天候(ガス、風強し) 
7:25小屋出発→8:55牛首→9:35姥沢分岐→10:15姥ケ岳分岐→10:30リフト上駅→10:50リフト下駅→ロッジ(入浴・昼食)14:20→15:25西川BS→17:00仙台17:44→19:48東京(解散)
230.jpg
翌朝は、霧と強風で特に最初の下りは岩が滑って苦戦しました
234.jpg
木道も滑るので注意です
236.jpg
中腹にいっても強風がやみません
241.jpg
リフト上駅について「やれやれ」
246.jpg
リフトも強風で午後からは休止とのことでした
262.jpg
ロッジで入浴と昼食をとって帰路につきます
279.JPG
帰りのバスからは虹が見えました

まだ花々は残ってました
060.jpg
121.jpg
141.JPG
145.JPG
156.JPG
162.JPG
163.JPG
169.JPG
218.JPG
253.JPG

2016年07月仙元山 [山行]

7月18日(祝)行先:仙元山(118m)天候:晴れ
senngen1.jpg
参加人数 11名(要サポート0名)
8:06京急品川駅発→9:00新逗子駅着、9:10発→9:40蘆花記念公園→長柄隧道→葉山協会→11:30仙元山着→川久保→桜山隧道→14:00頃新逗子駅(解散)
当初は、小川町にある同じ山名の山を企画したが、折角の海の日なので海に近い葉山の仙元山へ
013.JPG
035.JPG
今回は、要サポートの参加がなかったためバスの予定を変更して蘆花公園へ
025.JPG
坂道を登ります
014.JPG
ところどころに徳富蘆花の歌碑が立ってます
026.JPG
もうすぐ到着
032.JPG
中は資料館なってますが、徳富蘆花が住んでいたわけではないそうです
senngen3.jpg
海(江の島方面)がよく見えます
021.JPG
更に登ると桜山古墳にたどり着きました
018.JPG
トンネルを避けるために登ったのに降りるところを間違えてトンネルを通るはめに(笑)
030.JPG
住宅街を抜けて仙元山登山口に到着
034.JPG
もうすぐ頂上
011.JPG
山頂の標
024.JPG
山頂からは良く海が見えます
senngen2.jpg
昼食と写真を撮って下山
012.JPG
020.JPG
下山といっても、頂上より高いけっこうな急坂。
senngen4.jpg
そして藪道を通って下山
031.JPG
最後は舗装道路を桜山トンネルを歩いて駅へ
その後、せっかくなので新逗子駅から逗子海岸へ向かってビールでお疲れ様

2016年05月大羽根山 [山行]

5月29日(日)行先:大羽根山(992m)天候:晴れ
hyoushi.jpg
参加人数 15名(要サポート1名)
JR新宿駅発7:44→8:48着 武蔵五日市駅バス&タクシー(9:00)→浅間尾根登山口バス停、登山開始(10:00)→11:30大羽根山山頂(昼食)12:20発→12:45笹尾根→13:00着、数馬峠13:20発→(往路戻る)→15:00着、浅間尾根登山口バス停、15:15発(タクシー)→15:55武蔵五日市駅・解散
登山口.jpg
登山口。ここは中央区が整備した森だそうです。
説明.jpg
登山道のところどころ木々には案内板があります。
サポート1.jpg
登り始めは、急登が続きますが、それを過ぎると緩やかです。
ふたりしずか.jpg
登山道のところどころに花が咲いてます(二人静)
山々登山道.jpg
木々の合間から奥多摩方面の山々が見えます。
登山道.jpg
もうすぐ山頂です。
大羽山.jpg
山頂は頂上というより、ちょっこっとしたコブといったところ。
大羽山2.jpg
ここでお昼。
登山道2.jpg
まだ歩き足りないので笹尾根に登ります。
数馬峠.jpg
槇寄山方面へ尾根を歩いて数馬峠に到着。
kazuma.jpg
数馬峠からは丹沢など南西方面が良く見えます。富士山は霞んで見えず。。。
下山1.jpg
下山は来た道を戻ります。
白樺.jpg
この地域では珍しい白樺の林。
バス停.jpg
予定より1時間早く停留所に到着
下山.jpg
全員無事下山。
解散.jpg
行きと同じくバスとタクシーに分乗して五日市駅に到着。
初参加.jpg
初参加のIさんも楽しかったそうです。

2016年4月鋸山 [山行]

5/15(日)行先:鋸山(330m)天候:晴れ
236844897_org.jpg
参加人数 19名(要サポート4名)
新宿バスタ集合:7:10、7:20発→木更津駅前着8:35、8:51発→浜金谷駅着9:29、9:50発
ロープウェイ山麓駅10:20→ロープウェイ山頂駅10:30→日本寺大仏11:20→地獄のぞき12:20(昼食)→14:30石切り場→16:00浜金谷港16:30(フェリー)→17:10久里浜港→18:20くりはま花の国→19:00久里浜駅
今回は車椅子参加者2名。1名は往復をロープウェー利用。下山後はフェリーで対岸の久里浜へ渡り、100万本のポピーを見に寄り道。
236763359_org.jpg
バスはアクアラインを木更津へ
236803425_org.jpg
木更津駅到着。ここから内房線で浜金谷へ移動。
236763390_org.jpg
浜金谷駅からロープウェイ乗り場は移動。
236763412_org.jpg
ロープウェイは混んでいますが、運転間隔が短いのですぐに乗れました。
236819515_org.jpg
ロープウェイを降りると東京湾が一望出来る展望台があります。
236763457_org.jpg
見晴し台で記念撮影です
236819542_org.jpg
日本寺の境内を日本大仏へ向かいます。
236763475_org.jpg
日本大仏、日本一の大きさとか
045.JPG
地獄のぞきに到着、人がすごく並んでました
236898007_org.jpg
横から見ると
236763504_org.jpg
近くでお昼です
236763517_org.jpg
展望台から記念撮影
236844901_org.jpg
日本寺の最後は、観音
236819674_org.jpg
日本寺からはロープウェイ組と登山道コースに分かれました。
236803452_org.jpg
日本寺を出てすぐの石切場あとの展望台から
236803378_org.jpg
帰りに乗るフェリーが見えます
236803448_org.jpg
地獄のぞきを下から見ると
236803457_org.jpg
綺麗に石を切り取った跡
236844906_org.jpg
登山道は切通しを進みます
236763613_org.jpg
下山して舗装道路ではJINRIKIを利用
236819806_org.jpg
フェリーに乗って東京湾を横断
236763581_org.jpg
最後は、夕暮れのくりはま花の国でポピー100万本
236819823_org.jpg
久里浜駅にて解散(初参加の方々、お疲れ様でした)
前の10件 | -